中国人女性と日本人女性の違いを記事にされていますが

 

レコチャの記事ですが、珍しく日本人をヨイショしているので載せておきます。

2014年3月10日、中国のネット上に「日本人女性と中国人女性の違い」と題するブログが掲載され、注目を集めている。以下はその概要。

 

昔から「この世で最も幸せなのは、英国式の家に住み、中国人のコックを雇い、日本人の妻をもらい、米国の給料をもらうこと」と言われている。日本人の幸せは、女性が世界で最も優秀であることだ。では、日本人女性と中国人女性にはどのような違いがあるのか。

1.児童教育の違い。日本の女性は子どもに勇気を持って悪と戦うよう教育し、たとえ犠牲になってもそれを栄誉なことだと教える。中国の女性は子どもに悪と出会ったら逃げるように教育し、神様が悪を懲らしめてくれると教える。

2.愛国心の違い。日本の女性は、日本が世界で一番素晴らしい国だと考えている。中国の女性は、ほかの国に魅力を感じる。

3.恋愛の違い。日本の若い女性は自分と年があまり変わらない男性と付き合い、一緒に奮闘する。中国の若い女性は金持ちの年寄りを探す。

4.婚姻感情の違い。日本の女性は普通、外国人に嫁ぎたくないと考える。中国の女性は、外国人と結婚することに無限の栄誉を感じる。

5.母親の教育の違い。日本の母親は娘が嫁ぐ際に、夫に尽くし、姑に孝行するよう教える。中国の母親は娘が嫁ぐ際に、何としても夫の財産を管理するようにと教える。

6.夫への態度の違い。日本の女性は夫を励まし、気にかけ、遅くまで仕事をして疲れて帰宅すると「お疲れさま」と言って迎えてくれる。中国の女性は夫に文句を言い、遅くまで仕事をして疲れて帰宅すると「どこをほっつき歩いてたの?」と言う。

7.金銭感覚の違い。日本の女性は男が貧乏なのを我慢できるが、意気地がない男には我慢できない。中国の女性は意気地がない男には我慢できるが、金のない男には我慢できない。(翻訳・編集/北田)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140313-00000000-rcdc-cn

ソースがどこぞのブログかわからない内容をそのまま記事にしてしまうという、レコチャ独特の手抜き記事ですが、結構あたっていますよねw

1.児童教育については、この他にも日本では「他人に迷惑をかけない」がモットーですが、中国人は「困った人を助けよう」です。どちらが良いかはなんとも言えませんが、困った人を助けるけれど、他人がどうなろうと構わない、他人に迷惑をかけてもなんとも思わない人が多いのは、彼の国にはずいぶん多いです。

2.中国人の愛国心は付和雷同の形だけですが、彼らは自分の習慣を絶対と言っていいほど変えませんよね。これが愛国心とは言えませんが、「どこに住もうと中国人精神」はある意味見上げたものです。

3.確かにそうですな。

4.日本人女性でも外国人と付き合いたいと思っている人はたくさんいます。中国女は外国人(白人)なら誰でもOKという考えですね。

5.財産は根こそぎ持っていきます。間違っても彼女名義の不動産や高級品を購入しないように!

6.これも言えていますね。基本的に中国人女性は夫を信用しませんから、残業しようと出張しようと帰りが遅くなれば「どうせ遊んできたんだろ?」と、思われておしまいです。

7.これもまさにそう。

 

とにかく、金が大事なのが中国人女性。 こちらも中国人女性と付き合う時は割りきって付き合うことをオススメします。

もちろん、純情な恋愛をしている人もたくさんいますが、あなたが日本人だからということで近づいてくる人もいるので、そういう女性については、こちらも遊ぶだけ遊んであげましょう。

付き合うとある程度の出費があるのはやむを得ませんが、あなたの人生を左右するほどの金額を与えるのは絶対にご法度です。

向こうもカネ目当てなら、こちらも相応の対応をして痛みを受けないようにしましょう!

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • maru より:

    確かに、金をちらつかせると対応が変わったりしますねww

    その場合は確実ですね(笑)だからこそ、火傷しない程度に遊びます。

    勿論、真剣な人も居ると思うので、最初から決めつけた目では見ませんが。
    最初は猫被ってるので、ある程度から見極め(カマかけてみたり)がたいせつですね。

    日本と中国。これ程、切る時に切りやすい事はないでしょう(笑)

    • bakudon より:

      金の切れ目が縁の切れ目と言うならば!初めから割り切るのが、身を守る方法ですな~。
      ついつい体に溺れて好きになってしまいがちな爆丼でしたが…諸先輩方が罠にはまるのを見て反面教師としてきました。
      maruさんならうまく罠を回避できそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です