韓国仁川国際空港でも中国語が通じて韓国娘と話せる

 

先日、韓国経由で中国に出張に行って来ました。 成田空港を出発して、アジアのハブ空港と言われている仁川国際空港で乗り換えました。

トランジットは長時間待たされますが、その際の楽しみと言ったら免税品を買うくらいです。 私は買い物がそれほど好きではないので、あまり楽しむことは出来ないのですが、知人にお土産を頼まれているので、どうしても買い物をしなければなりません。

買い物をしに食料品、化粧品売場に行ってみると、日本語、中国語を話す韓国人スタッフが大勢いますw ビジネススーツをきちんと着込んでいるアジア人と言ったら日本人か韓国人です。

韓国語で話しかけられることもあれば、日本語で話しかけられることもある。

店の中をくまなく回っていると、飛び込んでくるのがやはり中国語。

6年前にこの空港で乗換た時はあまり見かけなかった中国語で書かれたポスターがそこかしこに貼ってありました。 チョコレートの土産を買おうとすると、おばちゃまが韓国語で話しかけてきたので、中国語で答えてやると、中国語の話せるスタッフがすぐに飛んできました。

片言とは言え、かなり上手です。 コチラの言っていることがほとんど通じていますし、客がだいたい話してくる内容というのが頭に入っているのでしょうね。

日本語にするとこんな感じでした。

「これとこれ、一緒に買う、安い」

「この味、人気がある。中国人みんなすき」

「もうひとつ買ったら、おまけつける」

外見はきちんとした免税店なので、割引交渉など不可能だと思ったのですか、やたらと抱き合わせて販売してきたり、こちらが買い叩くとわずかに値下げをしてくれたり、なんだかフリーマーケット状態でした。 ここでは40ドル程使ってチョコレートのを4つ購入。

どうでもいいおまけを付けてくるくらいなら値段を下げて欲しいところでした。

久々の値段交渉は面白かったですし、韓国人と中国語で話すのも新鮮でした。

私が中国留学時代に韓国人留学生と知り合いましたが、中国でも韓国人同士群れている連中と違い、売店のおばさんの方が頭の回転も舌の回転もよく、中国語が上手というのは、なんとも言えませんね。

第三国で知り合った中国人とはすぐに仲良くなれる

他の店舗に行って、中国語を話せる若い女の子と話そうw と、エンジンがかかり始め、再び散策。

中国語で店員に話しかけると、すぐに対中国人向けのスタッフが飛んでくるのがおもしろいw

メガネをかけてぶちゃっとした顔のお嬢様でしたが、愛嬌があり、コロコロしています。 先ほどのおばさんよりも中国語レベルは落ちますが、簡単な話はできました。

中国人の振りをして話していましたが、相手は私を日本人と見抜けず。

可愛く見えてきたので、 「休憩時間になったら一緒に食事しない?」 と、聞いたら、

「ブーヤオ!(けっこうです!)」

と、振られちゃいました。

他のお店に行ったけど、中国語の出来るスタッフはころころぽっちゃり気味な娘が多く、一般的な美人というのはいませんでした。まあ、私はこっちのほうが好きだけど。

やはり、第三国の言語で話すというのは結構萌えますw

「可愛いねえ~」

「中国語うまいねえ」

「彼氏いるの?」

「休憩時間に(略」

同じノリで、他店の娘3人ほどに話しかけましたが、簡単にあしらわれちゃいましたw 私個人が気に入られなかったのでしょうけど、もしかして、中国人の振りをしたのがマイナスイメージだったのでしょうかw

「化粧品店にはさすがに可愛い子がいるだろ~!」

と、化粧品店に入ってみたら、確かに可愛い売り子さんはいる。だけど、日本語と韓国語だけですね。 あきらめていると、中国語が聞こえてきたので、振り返ってみるとスラリとした可愛い女の子がパックを売っているじゃないですか。

早速中国語で話しかけてみると、中国語がめちゃくちゃうまい!

才色兼備の韓国人女性ですね!

と、思いきや、生粋の中国人でした。

韓国に6年ほど住んでいるので、韓国語はお上手。 免税店でアルバイトをしているようで、中国人客が多いので、非常に忙しいと言っていました。

この娘には私が日本人であることを明かしたら驚いていました。

彼女と雑談をしていると、中国人の団体客がやってきて、すぐに会話打ち切り。

走行しているうちに搭乗時間がやってきて、慌てて搭乗口に向かいました。

3時間半の待ち時間でしたが、かなり時間を潰すことが出来ました。 暇な人は、免税店で可愛い女の子とお話してみてはいかがですか?

中国人とインターネットで出会おう!

中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!

中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番