中国人技能実習生の女の子たちと、祝日に公園へ

 
先日、業務スーパーで中国人技能実習生の女の子たちに声をかけたところ、食いつきが良かったので連絡先を渡しておきました。

業務スーパーは中国人実習生との出会いの場所?!
他のメンバーの目もあるので、おそらくたまたま知り合った日本人男性とコンタクトを取るのを嫌がるだろうと思い、ろくに期待はしていませんでした。

ところが、ある日、見慣れない携帯番号から着信があり、出ようとするとすぐに切れてしまいました。

放っておくと、またしばらくして同じ電話番号から電話が。

おかしいな…と思い、スルーしようとしていたら、思い出しました!
先般の技能実習生たちに電話番号を教えていたのです^^;彼女たちの連絡先は聞きませんでしたが、こちらの番号は教えていたので連絡してきたのだろう・・・と、半ば当てずっぽうですが、返電してみると、
「うぇ~い?(もしもし?)」

やっぱりだw

あの女の子達のうち、誰が電話をかけていたのかわからないけど、声が若かったので、きっと一番年下の娘がかけさせられているのでは…と邪推してしまいました。

GWなので、「公園に行かない?」と誘ってみたら、二つ返事でOK!

集合場所と時間を決めて、私が彼女たちを迎えに行くことに。

彼女たち一体何人で来るんだろ…?車の都合もあるので4人以上来られた日にはちょっと無理だ。

そんな心配をしながら、集合場所(某コンビニの駐車場)に行ってみると、芋っぽい女の子が3人いました。いずれも、業務スーパーで知り合った女の子たちです。

彼氏持ちばかりなので、あちゃあ・・・と思ったけど、例の既婚者もいたのでちょっと嬉しかったですw
四人とも手ぶらだったので、私がコンビニでおにぎりやお弁当、飲料を購入。
どうせなら外で食べようと誘ったら、OKでした。僅かな投資でもこのような出掛ける時に、食料を調達してあげると評価が上がりますので、覚えておいて下さいw
公園に着くと、親子連ればかりです。
特段、見るものは無いのですが、川辺なので散歩コースも整っているし、花もそこら中に咲いていて綺麗です。
中国では花畑は中々見かけませんし、ちょっと整った規模の大きい公園に入るだけでも入園料を取られることもありますから、その点日本の公園施設はいいですね。駐車場料金も安いし。

彼女たちとは適当に公園を散策してから、持ってきた弁当を広げてランチ。

ビニールシートも用意して来たので、気配りのきく男性と思われた…かなw?
服装はみんなズボン。スカート穿けよ!とおもったけど、まあいいでしょう。
既婚者の李華さんはチュニックを着ていたけど、体型がかなりムチムチですwぽっちゃり気味だったし、前回会った時は服に隠れてボディーラインがわかりづらかったからか、そんな印象はなかったのですが、うむ…熟れている感じです。

食事中も色々当たり障りのない話をしていましたが、若い女の子2人がやたらと私と李華さんを冷やかしてきます。

「もしかして、二人共年齢がちょっと近いんじゃない~?」

「李華さんが爆丼さんと一緒に出掛けたがっていた」

など。

私はともかく、既婚者をからかったちゃあいけないよ、君たち。

食事が終わってからバドミントンをし、しばらく遊んでから、若い二人が散歩に行ってくると言って、私と李華さんを置いて行ってしまいました。

何故李さんをそこまで推すのだ…?

ありがたいことには違いないが、ちょっと気になります。

二人きりになったので、バドミントンをしてからビニールシートの上で少し休みました。

彼女の身の上をそれとなく聞いてみました。

「李華さんの旦那さんと子どもは元気?」

「元気だけど…旦那がどうなのか知らないわ」

「え?」

「私と旦那は離婚済みよ」

とのこと。
聞けば、親権が李さんか旦那さんかどちらになるかまだまだ不安定なようで、男性であることが有利に働いているのか、状況としては、親権が父親にあるようです。子どもはまだ3歳とのことですが、日本で3年間実習をすることで、逆に不利になりそうな感じです。

経済的な力があれば、親権を取り戻せるそうです。
どちらの稼ぎが多いかによって決まるんでしょうね。
「私とあなたとは年が近そうだし、それであの子達が私のことを冷やかしたのよ。気にしないでね」

とのこと。
そんな言い方をされたら…もっと気になってしまうじゃないですか!

チュニックの下にはボヨンとした乳があるのでせう…。

バドミントンで軽く汗ばんでいるようですが、なぜか無臭。
この日は夕方にお開き。
3人を送って行きました。

李華さんの携帯番号をゲットしました。
次回は2人で出かけてみたいと思います!

中国人とインターネットで出会おう!

中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!

中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番