日本も外国人家政婦を積極的に受け入れ?中国人家政婦…?来ないだろ。

職場で、「これからは家政婦が外国人になるかもしれないぞ」と、同僚から聞き、なんのこっちゃ?と、思っていたら、日本の成長戦略の一環として、外国人メイドを雇用し、外国人の日本滞在を緩めようとする動きがあるようですね。

外国からやってきたメイドさんがあなたの部屋を掃除してくれる――。やがてそんな日がくるかもしれない。

政府は、地域を絞って規制を緩和する「国家戦略特区」で、これまで就労が認められていなかった掃除や子育てなどの家事人材の規制緩和を進めようとしている。将来の全国的な人口減少による労働力不足をおぎなうため、外国人労働者に寄せる期待が高まっているのだ。

 

参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140607-00001607-bengocom-soci
中国に駐在していた頃、「あいさん」(中国語で「阿姨」おばさん)を家政婦として雇い、炊事、洗濯、買い物などの家事をさせていた駐在員の同僚もいましたし、日系企業の日本人管理職はほぼ100%このあいさんを雇用していました。

時給単価はマチマチですが、数十元/時でした。

あいさんの出身は大半が農村の女性です。

 

私はあいさんを雇ったことは無いですね。
金がかかることと、せっかくのひとり暮らしですから、自分の身の回りのことは自分でやってみたかったし、あいさんを雇っている知り合いの人間からはあまり良い話を聞いていなかったので雇う気がありませんでした。
まあ、元風俗系の農村娘とも付き合っていたし、時々仲の良い女の子を家に入れていたので、あいさんを通じてプライベートがバレていくのも面白くありません。

雇いたくなかった理由はいくつかありました。

雇用している人が口をそろえていっていたのが、

  • 地元の料理しか作れない(辛い料理ばかり)
  • 買い込んだ食材をくすねる
  • 買い物をするために渡した現金を一部を自分のものにする
  • 自分が買ってきた日本の食料を失敬する
  • あいさんを雇ってから泥棒に入られた

重慶・四川に滞在していたので、辛い料理を作る人が多かったようです。
もちろん、彼らも毎日激辛料理を食べているのではなく、さっぱりした物を食べることもあります。しかし、味があまり良くないらしく、「飯は作らせていない」人が多かったですw

食材については、基本的にくすねてしまう・・・というのが私の周辺の人たちの意見でした。
自分が日頃使っている冷蔵庫ですから、中身が自分のものに思えてしまうのでしょうね。

現金についても同じことでしょうね。
子供の頃、お使いを頼まれてお釣りを自分のものにしてしまうことはよく有りましたが・・・100元渡したら、半分以上持っていかれることがしばしばあるようです。

 

彼女たちにとってはでかすぎる臨時収入です。
私の同僚は2度も泥棒に入られ、取引先の総経理の部屋も入られたことがあります。

泥棒を手引したのはあいさんではないだろうか・・・と思っていたようです。あいさん自身が故意に泥棒を招き寄せた場合も無きにしもあらずですが、故意ではなく「○●のマンションで日本人のあいさんをしている」と、聞いたあいさんの知人が出来心を起こしたのかもしれませんし、不特定多数の人に知られれば、ターゲットを日本人駐在員の部屋に絞る奴もいたでしょう。
と、日本人駐在員にとっては馴染み深いあいさんですが、香港では中流階級以上の香港人がフィリピン人をあいさんとして雇うことが多いようです。

日本も受け入れるとなったら、中国人ではなくフィリピン人からでしょうね。
っていうか、中国人は雇わないだろうな。

そもそも、日本の一般家庭が家政婦を雇えるほど経済的余裕が無いし、共働き家庭を支援するために受け入れる人もそれほど多くはないと思う。共働き家庭=経済的に潤っているわけでもないし。

 

もしくは、時間単位で家政婦を雇うパターンにするなど、フレキシブルな雇用体系も生まれるかもしれません。
フィリピン人の若い女の子がメイドさんで来たら、国際結婚も増えそう。

外国人メイドさんによる犯罪も増えそうだけど、メイドさんが雇用主からエッチな事を強要されたりなど、不幸な事件が起こりそうな気もします。
メイドを雇うなんて、日本で暮らしていて思ったことは一度もないからな…。

外国人を受け入れて移民を増やしたいのはよくわかったけど、もっと効果的な方法や、需要のある分野で徐々に解禁していけばいいのに・・・と思いました。

中国人女と出会う方法

 

マッチ・ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です