中国人女性を下ネタ系で責めるのはNG!?

 
前の記事にも書いてありますが、基本的に知り合って間もない中国人女性に対して、下ネタを披露するのはよくありません。

日本人同士であれば、会社の飲み会で女性職員の前でセクハラにならない程度も面白い下ネタを披露しても笑いが取れますが、中国人女性って、本当に下ネタに厳しいんですよw

浮気ネタやセクシャルな経験(妄想も含む)を話しても、表面上笑うかもしれませんが、心では顰め面を浮かべています。
そんなんこんなで、基本的に中国人女性に対して下ネタはNGなものの、そこは中国。

親密度が高くなっていれば、下ネタをぶっ放しても大丈夫です。

付き合ってはいないけれど、こちらが惚れていることを相手が知っている時、とにかく好意的に思っている、思われている関係であれば軽めの下ネタやセクハラと思われる言動でも、ノリよく答えてくれることがあります。
今気になっている李華さんに軽く下ネタを振ってみたけど、「ふっ…」で終ってしまったので、今度は2,3発連続して言ってみます。

技能実習生の李華さんと一緒にボーリング
まあ、それはそれとして、今までの経験上、下ネタを繰り返すことで「ボディタッチしやすくなったり」「下ネタと思わせておいて、マジ責め」をすることもしばしばでした。

いわゆる照れ隠しとも言うのでしょうけど、どんなセリフを言っていたかな…。

 

陳ちゃんに対しては
「『山東大饅頭(具なしの中華まんじゅう)』って言うけどさあ~、陳ちゃんのおっぱいとどっちがデカイの?」

 

ベタでしょ~w?

 

と、付き合う前に言ったなあ…。

向こうは笑いながら、私を叩いてきたけど、私はその後彼女の身体を真剣に見つめて「本当にセクシーだね。綺麗だね」と、欧米人男性のようにいきなり瞳を見つめて「美人だ、セクシーだ」とは出来ないので、下ネタで少し崩してから本題に入るパターンでしたね。

 

人妻中国人にも、「体つきが全然人妻っぽくない。でているところ出てるし」と言って、呆れたような笑いをされましたが、「いやいや、本当に綺麗!独身だったら、絶対に声かけちゃうよ」などと言いました。一度恥ずかしい下ネタ、軽くて言い安い下ネタを振っておいて、レールを作っておく。

人妻シリーズ

  1. 李風呂嬢
  2. 岳さん
  3. 張風呂嬢

 

先程も書いたように、本人同士の親密度によりますし、タイミングにもよるので、一概に「ちょっとでも仲良くなったら下ネタを使え」とは言えません。

しかし、下ネタが潤滑油となって、二人の関係が進展することもあるのです。
「下ネタだったら、農村よりも都市部の女性の方が開放的だからノリがいいだろう」と思うかもしれませんが、意外とそうでもないんですよ。

下ネタに関しては寛容かも知れませんが、上記のように受けは良くないでしょう。インテリ女性はあまり下ネタを好みませんしね。
では、中国農村娘はどうか?
都会の娘ほど開放的ではないので、かなり恥ずかしがるし、引く人もいます。

けれど、下ネタを言うのは「相手に対して好意を持っているからである」と、思わせることで距離が縮まります。(とは言うもの、個人差もあるし、二人の相性もあるのでなんとも言えませんが…)

私の個人的な経験ですので、参考にはならないかもしれませんが、気のある農村娘(風俗未経験の人)に下ネタを披露しても、その後、「好きだよ」というシグナルが伝われば大丈夫かな・・・^^;と。

 

風俗経験有りの農村娘
下ネタが通じる人多しですw
youbride(ユーブライド)