久々のチャイナ出張。初めて行く街でした

 

いや~。

先般の出張では中国の習近平さんが腐敗取り締まりに合わせて、売春のみならず風俗業まで抑えてしまったので、一般庶民、中国出張に行く外国人ですら女の子と遊べなくなってしまいました。
あれからしばらく経ちましたが、ようやく解禁されましたw

実質3ヶ月ほどの風俗禁止でしたが、こんなのがいつまでも続くわけがありません。
お客さんを連れて中国出張。
非常に気を使う出張ではありますが、中国側が基本的に接待してくれます。
すでに定番コースが決まっており、初日の夜は中国についたばかりなのでマッサージ。
二日目はカラオケに行って女の子をお持ち帰り。
この日程ですなw
新鮮味もなく、面白味も無し。

だけど、お仕事ですから…中国駐在中はこちらが接待する側でしたので、そちらの苦労もわかります。

カラオケなんてたかが知れています。
日本のキャバ嬢のように愛想の良い子ではなく、仏頂面で黙って座り、こちらが気を使いつつ話題を探すという有り様です。
言葉ができる云々よりも、客のほうが気を使うというのは、中国では当たり前です。

もちろん、中国のカラオケ姉ちゃんたちも気を使っているのでしょうけど、日本のキャバ嬢と比べたら怠慢もいいとこです。

適当に乳繰り合って仲良くなったらお持ち帰り。

ショート1000元、ステイ1200元w
腐れ女でもこれだけの金額を支払わなければならないとは…。時代が変わりましたな。
まあ、都市によってこのあたりの相場も違うんでしょうね。
現在、人民元と円の相場は、10000円=590元ほどですから…ステイで2万円です。
やってらんないっス!
更に、タクシー代だ、チップだと加算されて2000元近く行くこともあります。
う~ん…やる気が起きません。
金銭的なものもあるのですが、隣りに座った女の子があまりにも無愛想。
持って帰ろうとする気も起こりませんでした。
ったく…
やっぱり自分にはカラオケ娘は向いてないぜ…。

ホテル近辺にあるエロそうなマッサージ店を見つけて、「特殊サービス」があるかを確認。

ピンクのネオンが輝いているところは大抵ありますから、交渉すれば本番可能です。

ぽっちゃりやや豆タンクな巨乳ちゃんがいたのでご指名。500元。
まあ…お味はそれなりでした・・・。
クン○なんて出来ませんし、思い切れませんからな…。
いやあ、ちょっとびっくりしたのが、現場で出血したこと!
「いきなり出てきたのよ…。今日はダメだわ」

と、言われてしまい…結局はお手手でしてもらったという体たらく…。

いきなり血が出てきてたのでビックリしましたよ。

よくありがちなのが、カラオケ娘が気に入らない客と判断した際、「急に生理が」と逃げるのがいます。

こいつらどうせ嘘だろと思っていましたが、まさか私の前でダラリとやられるとは。
2014年になりましたが、中国娘・・・というか場末のマッサージ店の女の子は絶賛ワキ毛放置中でした!
落ちのない落ちで・・・以上!

中国人とインターネットで出会おう!

中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!

中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番
youbride(ユーブライド)