中国人女性が日本での子育てに困惑中?

てっきり日本で子育てをしている中国人が大変なカルチャーショックを受けているかと思いきや、日本では子供たちがお菓子持参で友達に行くということでした。

『日本人は極端に他人に迷惑をかけたくない民族なんだな』と感じた」と話した。

ですって。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141117-00000029-rcdc-cn
なんだよ…こんなことかよ。
どうでもいい記事内容なので、当然「いいね!」もたったの3つ。

中国人女性が日本での子育てに困ることと言ったら、日本語が通じないだとか、自分の母親が日本にいない、もしくは親の招聘に手間がかかることくらいでしょうね。

 

china1

 

記事の冒頭にある通り、中国人にとって日本の福祉はなかなか良いものでしょう。
二人目、三人目を出産する時も一時金がもらえますからね。日本人と中国人のカップルならともかく、中国人同士のカップルにも与えられますからね。

妊娠中の知人が言っていましたが、中国人夫婦もずいぶん産婦人科に来ているとのこと。

「外国人でも出産一時金がもらえるなんておかしくない?!」

と、疑問を感じていました。

中国の産婦人科病院に行ったことがありますが、全くもって野戦病院でしたね。

今でこそ改善されたのでしょうけど、「産科」と「婦科」が同じ建物にあるだけでなく同じフロアにあるってのは如何なもんかと思います。

妊娠発覚!?結婚を迫ってくる中国人女性に注意

中国人女性は堕胎をするのにためらいはないのか…?

産科はもちろん妊婦さんの定期健診やその他診断なのですが、婦科もやることはいろいろあるでしょうけど、基本的に堕胎ばかりです。お腹を大きくした女性たちが嬉々として自分の子の大きさや健康状態に喜び、他の妊婦さんと情報交換している脇で、複雑な事情を持つ女性たちがしんみりとしながら婦科の待合ベンチでうなだれているのを見ると、もっと配慮しろと言いたくなりましたね。

 

望まない妊娠は農村から出稼ぎにきた男女が多いそうです。見知らぬ街にやってきて寂しい思いをしている最中、同じ境遇の異性に惹かれることもあるでしょう。農村は保守的ですから、自由な恋愛よりも親が決めてしまうこともあるため、出稼ぎ中にできたカップルが成就することはそれほど多くありません。

まあ、出稼ぎカップルに問題が多いというか、都市部には出稼ぎの人間の方が多そうなのでこういったトラブルも自然に多くなるのでしょう。

中国の赤ちゃんポストに赤ちゃん達が殺到

中国の育児環境が良くないのは誰でもわかると思いますが、そもそも人間が生きていく環境としてふさわしくないです。PM2.5をはじめとする大気汚染、野菜に対する過剰な農薬散布、水質汚染。

重慶や四川では白血病患者が年々増えているとのこと。
子供だけでなく、女性も妊娠しづらい環境でしょう。

流産も多いようですし、先日書きましたが中国の知人が流産した際、「中国は環境汚染がひどいから流産しやすいんだ」と中国人医師が言っていたようです。

お菓子くらいで困惑なんて可愛い話です。
っていうか、こんな記事をヤフーも載せるなよ…。

中国人女性と結婚している上司は幸せいっぱいの様子^^!

中国娘と寝るだけでは中国語は覚えられない!