ちょい昔の日中の留学生と現在の留学生たち

 

私が中国に留学していたのは2000年代前半でした。
この当時、中国では「インターネットバー」が流行っていていたるところにこの手のバーがありました。バーと言ってもお酒が出てくるのではなく、パソコンが10台ちょっとおいてある小さなお店でしたけど。

しかし、個人宅にパソコンがおいてあるなんてことは稀で、日本人留学生もパソコン持参で中国にやって来る人は稀でした。インターネット引きこもりなんて皆無でした。プレステ引きこもりはいましたけど。

 

ネットが普及する前の中国留学環境

私の留学先は日本人10名未満、韓国人留学生が大半、欧米系がパラパラ混じっている感じでした。ネットが普及していなかったことと、ネットに興味のある人そのものが少なかったので、日本のニュースを知ることが難しく、せいぜい中国のテレビで日本のニュースを見る程度でした。

そのため、日本人留学生同士で、

「あ~あ、一年中国に住んでいただけで浦島太郎状態になりそうだよ」

なんて言っていました。

プレステ組はさておき、多くの留学生たちは中国人との交流はほどほどながら、中国そのものの生活を満喫しようとしていました。中国人嫌いになり、遊ぶと言ったら日本人、外国人留学生に限定している人達が多かったなあ。

でも、私や一部の留学生はどっぷり中国生活に浸かり、できるだけ中国人の友達を作る、中国語をマスターしてやろうという気概にあふれていました。とは言え…今現在中国語をマスターしたわけではないのだけれど…。

中国人(農村)の家に遊びに行ったり、中国人と一緒に小旅行に行ったり、中国人と一緒に食事をしたり。中国人の対人コミュニケーション、クセ、性格、駆け引きなどすべてを学びたいと思ってひたすら中国人と交流していました。

前回の記事でも書きましたが、中国に語学留学しても忙しいのは午前中だけで、午後は本当に自由時間。何もしなくてもいいし、ダラダラと昼寝していてもOKです。

同級生が中国へ留学、中国朝鮮族と恋愛!そして…

今と違っていて昔は留学生は必ず大学側が指定した学生寮に住まわなければならず、勝手に外でマンションを借りるのはご法度でした。そもそも大家や不動産会社も貸さなかったと思います。

プライベートが駄々漏れ、色々と干渉されることはあったけれど、いつも友達と一緒で一つ屋根の下に暮らしていたので仲間意識も強かったし、今でも連絡をとりあう関係が続いています。楽しかったなあ~。

0I9A4984ISUMI_TP_V

結局、今も昔も留学生活を楽しむのは自分次第っ!

現在の留学生はというと、海外にいても日本の情報は手に取るようにわかります。ヤフーニュースをくまなく見れば…少なくとも浦島太郎状態にはならないでしょう。私の同級生で現在台湾に留学中の知人がいます。思うところがあってアラフォー間近にしての留学。漢です。

  1. 話を聞くとネットばかりやっている日本人。
  2. 台湾人を追い掛け回して、台湾人としか話さない日本人。

色々いるようです。
全く正反対のタイプですが、1.2.で共通しているのはネットで日本国内の様子をしっかり把握していることです。時代遅れになるのが怖い。乗り遅れたくない…などの気持ちになるのだと思います。

ネットが流行ってしまったおかげでメリットの方がはるかに多いものの、海外にいながらも日本の事情をある程度知ることができる環境があるため、逆に日本での出来事を全く知らないと、周囲からそんなことも知らないのか?と思われるのも嫌なのでしょうね。

私達の頃は逆に日本のことを知らないで、帰国後ドッキリしたいなあ~なんてワクワクしていました。連絡手段は電話と手紙でしたから、日本にいる家族や友人ヅテにニュースを聴くだけでした。それであれこれ想像力を働かせたり、びっくりしたり。月に1度あるかないかの電話や手紙も楽しみでした。

 

日本にいる中国人留学生も変わってきた

日本にいる中国人留学生も同じことが言えます。

富裕層の留学生が増え始め、日本語が下手でも大学に入れて卒業できる。以前の中国人留学生のように身を削るようなバイトをしなくても、遊ぶ金だけ稼いで、あとは家でネット三昧。

自分で稼いでいるのならまだ良い方です。
親からの仕送りだけでダラダラと暮らしている人もいますからね…中国人も変わりました。

李華ちゃんたち実習生たちですら端末を持ち歩いて、日々中国のニュースや動画を見ています。彼女たちは日本語習得などより金銭目的なので、日本で働くのはあくまで手段に過ぎないのでわかりますが・・・日本にいるのならもっと日本の生活にどっぷり浸かって愉しめばいいのに…と思うんですよね。

 

276948f3fc3031e8b0995567ae797362_s

爆丼だって中国駐在中はネットしていた!だけど・・・

「じゃあ…爆丼って中国で駐在していた頃はネットしてなかったのかよ?」

思いっきりしていましたw生活必需品です!
当時はyoutubeすら規制されていませんでした。とは言え、今のように面白い動画はそれほど多くなかった気がします。ネットは毎日見ていましたが、ネットばかりで部屋に篭もることはなかったです。

休みになれば中国人、日本人、その他の国の知人と遊んでいたし、ネットよりも生の付き合いが好きでした。せっかく中国に居て…おまけに収入もありお金に余裕が有るのだから中国人女性と付き合うでしょ!それにあの頃は当然のことながら今より若かったし!

という訳で出会いを求めたり、彼女と一緒に過ごしたりする時間の方が圧倒的に長かったのでネットがバンバンに普及しきった中国でも、ネットばかりすることは殆ど無かったです。

中国で暮らしているのであれば、せっかくなのでネットは程々に。
ネットに依存せず生の付き合いで交友関係をビシバシ広げていった方が将来の財産になるし…どうせだったら現地の女と付き合っちゃおう!その方が中国をよく知ることができるしね!