陽暦の正月は中国では何もNOTHING!でも、日本人にとっては正月は最高の休日

日本の正月を愛してやまない爆丼です!

中国で陽暦の正月を過ごした時の寂しさったらありませんでした。年が明ける雰囲気が皆無で、皆さん普通に生活していましたし、テレビをつけても年の瀬感、年末年始だと全く感じていないんですよね。やはり日本以外のアジアだと旧暦の正月がメインですからね。

中国で正月を過ごしたプチトラウマが反動となって、日本の正月って本当にいいなあと心から思っています。まず、師走に入ってからの気候の変化。年によって気温の高低があり、「真冬らしくない」「かつて無い寒波」などと言われても、12月独特の空気の張り詰め方ってあります。空気が澄んでいて、パリッとした気候。太陽が出ていても気温が低く、身が引き締まる陽気です。これを感じると年がもうすぐ終わるなあ~と感慨に浸れます。

大掃除をしたり、忘年会、大晦日も間近になってくると年末の特番ばかりになり、ろくすっぽ視ないけれど、これまた年末の雰囲気が醸し出ていてよろしいです。

 

恋人と過ごす年末年始!

私ですが年末年始はもちろん恋人と一緒に過ごしてきました。
正確には恋人の家族ですな。

 

年末はうちの実家にご招待。
彼女はすでに両親に紹介済みで、「結婚を考えている。いや、100%するつもり」と伝えてあります。印象はバッチリ。いい娘だねとお許しを頂いております。うちの実家に来る時は若干緊張気味ですが、もう数回目なので慣れていました。初めて連れてきた時は、緊張して食事なんて喉を通らない様子でしたが、今年の大晦日、新年は随分食べていました。

大晦日はしっとりと実家でゆく年くる年を視ていました。人も多いし、新年明けてから初詣に行こうと意見が一致。20代の頃だった変にガツガツして、大晦日に神社に突撃したりしていましたが、30過ぎると変わるもんですw

年が明けて、私達も布団の中へ。

実家で両親がいるとは言え、ムッチリボディーが横たわっていたら寝付けないに決まっています。両親は二階で就寝済み。私たちは一階の和室に二人きり。軽く迫ったら、

「ご両親に聞こえたらどうするの?」

なんてありきたりのことを言っていました。まあ、適当に乳首の一つや二つをいじればすぐ興奮する娘です。寝間着の上から乳首をいじっていたら、感じてきたのか直に触るように手首を掴んできました。
「ふう、はあ…」

言っています。

好き者め!

広がったデカ乳を舐めたり触ったりしていたら、すっかり下はトロトロ。
声を立てないようにさせて、恒例の勲煎をいたしましたが実家効果はやたら興奮していてすぐにいってしまいました。が、私の髪の毛を掴んだままロック状態。行っても行っても舐め続けてから、足をピーン!思い切り頭をカニバサミされました。

そこから挿入。

「は、早くちょうだいよ!新年1発目!」

声を圧し殺しながらエロいことばかりつぶやいています。キツキツの肉まんに押し込むと、私の腕を思い切り噛み付いてきました。軽めにピストン。強く打つと彼女の太ももと尻肉にぶつかってビタンビタン音がしてしまうので弱めに。

彼女はくったりしていましたが、上になってもらい遅めのストロークでピストン。
あまり長いことやると親にわかってしまいそうですし、こちらも気持ちよすぎて持ちそうもありません。

ゴムなんて気の利いたものなんてありません。

「中に出すから」

「え?妊娠したらどうすんのよ?」

「安全日らへんでしょ?妊娠してもいいじゃない。どうせ結婚すんだから!」

中の方が後片付けも大変じゃありませんからね(男の方は)。
翌日、実家で朝食のおせちを食べてから彼女の実家へと向かいました。

 

スキー場へ!

彼女の実家でもおせち料理をごちそうになりました。この日の夜、彼女の家を出発してスキーへ行ってきました。軽く眠ってからの出発。眠いけれど、何故かギンギン。

野沢温泉スキー場着。

彼女のスキーの経験は高校の修学旅行と、学生時代友達と一緒に一度滑っただけなので、ほとんど素人レベルでした。スキーにはちょっとしぶり気味でしたので、いきなりスキー教室へ入れるよりも私が手とり足取り教えることに。

体格的にはミドル級の彼女ですが、フラフラとスキーを扱う姿は可愛いものです。カニ歩きから斜面の登り方、リフトの乗り方、降り方を教えてあげました。時々悪態をつくものの、私がかなり優しく教えて上げたのでご機嫌を損ねること無く学んでくれました。

初級コースを一緒に滑り、何度も転びながらも立ち上がり続行。
偉いです!めちゃくちゃに褒めたりいちゃつきながら、午前の部終了。ゲレンデでの昼食と行ったらカレーです!

彼女はもちろん大盛りのカツカレー!

ガンガン食って下さい!
カロリーの消費量も半端ではないことでしょう。ガッツリ食べてから軽く滑りましたが、疲れたので一度ホテルへチェックインへ。お互い疲れていて昼寝をすることに。

疲れていてもムラっとくるもの。スキーウェアに包まれた彼女の体はホコホコです。体中汗ばんでいて、デオドラントをつけているのでさほど臭いませんが、思い切り脇に鼻をつけると見事な芳香が…。

「ヤメてよww」

やめるかっ!

デオドラントに抑えつけられている僅かな腋臭を嗅ぎつつ、以下同文で行為を終えました。半裸の状態でお互いに寝入ってしまいました。起きたらすでに6時過ぎ。急いで夕食を食べに行って、それから無理矢理彼女を夜のゲレンデへと連れて行きました。

最初は疲れたから~なんて言っていましたが、着いたら着いたでしっかりスキーと夜景を楽しんでいました。いいですね~!スキー。
温泉に入ってから就寝。

ふと、メールをチェックしたら李華さんや中国人女性からメールが入っていました。今の恋人と出会う前の女性たちとの逢瀬を軽く思い出しましたが、やっぱり今が大事!中国語で書いてきたのでしょう。文字化けしてかなり読みづらかったです。李華さんは再婚を検討しているようで、帰国後にお見合いをするそうな。「会いたい‥・」というメッセージもあったけれど、会うことはありません。彼女も第二の人生を切り開いて行くようです。

年始休みは李華ちゃんとしっぽりスキー旅行へ!

以前中国出張したときに知り合ったむっちりマッサージ嬢からもメールが来ていましたwまた私を指名してね~!みたいなことだけでしたが、やる気マンマンなオーラは感じました。

中国出張でマッサージからの…色仕掛けにより陥落!

日本は陽暦の新年を過ごすものだからわざわざ気を遣ってメールまでしてくれました。ありがたいことです。

 

毎年恒例?のスキーCM動画批評^^;

 

注意!昨年も同じようなこと書いています。

スキーっていいなあと思って、昔中高生の頃に見たスキーのCMを思い出しました。JR SKI SKIのCMを見ると冬が来た!女の子と二人でスキーに行けたら最高だよなあなんて思ったものです。

最近もJRのスキーのCMを放送していますが、どうもねえ…。CMのキャラがガキンチョ過ぎて感情移入できません。自分が大人になったからってのが一番の要因でしょうけど、このCMだと中高生、良くても大学生ぐらいしか感情移入出来ないんじゃないかな?CMを見ていても、「これってサークルの仲間内じゃないの?」って感じでドキドキ感もなし。でも、広瀬すずは好きだぜっ!

方や、80年代後半~90年代半ばあたりのCMは登場キャラが若い社会人、アラサーっぽい男女。不倫を思わせるようなカップルなど、大人びた雰囲気がたまらなくよいです!中高生の頃は、こんな大人たちを見てかっこいい!自分もあんな感じで旅行に行きてえ!なんて思ったものです。派手さや変にかわいい系のドキドキ恋愛を演出するよりも、しっとりした感じがいいんですよねえ。

この動画なんて小学生の頃ですよ…。松本典子と田中律子が可愛すぎる。こういうタイプの女性減りましたよね。

 

 

この出会いのパターンは夢見るアラサー婚活女子が憧れる出会い方!スキー、冬と言ったら広瀬香美です!

彼女も同意見。時代的に彼女はまだ小さかったけど、雰囲気は昔の方が良いって言っていました。よくあるパターンですが、今の若者より人口の多い、ミドサー、アラフォー世代に絞ったCMもいいと思います。彼らの方がスキープレイヤーが多いと思います。スノーボーダーに憧れる年代でもないしね。昔取った杵柄でスキーをやるぞっ!って人もいるかもしれません。

JRskiのCM、もっと年齢層を上げてくれい!

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です