中国の南モンゴルで、漢族がモンゴル人を車で踏み潰す!

今朝は北朝鮮のミサイル発射でかなり緊迫しました。
中国は平和的に解決しようなどと、今だに世迷い言を言っております。

それにしても…こんな国が平和などと口走るのは片腹痛いですな。

桜井誠さんやってくれました!

中国が国内の異民族に対して弾圧をくわえ、ウイグル人、チベット人への虐殺を行っているのはyoutubeで検索すればすぐに出てきます。

インド国境での軍事演習、ベトナム漁船を蹴散らしている方がメディアを賑わせているため、国内での無法ぶりにあまりフォーカスできていませんが、国内外問わず中共政府は大活躍しております。

この動画の4:20~では、木刀を持った大勢の漢民族がモンゴル人を袋叩きにしています。
4:55~では、車で馬を轢き、落馬したモンゴル人を更に車で轢くという非道。

戦争ではないんですよ?人間を平気で轢き殺すなんて、まともな神経ではありません。中国人にまともな神経を期待するのは間違っていますが、それでも動画を見る限り何のためらいもなさそうです。

戦後とかじゃないんです。21世紀、2017年ですよ。
反日暴動やウイグル人との衝突の際も、一般市民が鉄パイプや棒を持って、ためらいもなく人間を殴打するでしょう。日本人だったら同国人を情け容赦なく打ち据えられますか?同じアジア人ですが、やっぱり日本人と中国人は根本的に違います。

通州事件80周年

8月15日、通州事件の慰霊と英霊の方々に対する慰霊と合わせて靖国神社へお参りに行ってきました。靖国神社周辺には、法輪功の団体、チベット、ウイグル、南モンゴルでの虐殺に抗議している中国人たちがいました。

この人達はもう中国に帰れないでしょうね。数は決して多いということはないのでしょうけど、反共産主義的な活動をしている中国人は、難民申請することもあるようです。まあ、多くは日本人の配偶者や、帰化した中国人が活動しているのでしょうけど。

最近、習近平が確固たる地位を築き始めているし、軍事大国としての振る舞いが目につきます。留学だ、駐在だなどと行けるような国じゃなくなりそうです。

「中国の南モンゴルで、漢族がモンゴル人を車で踏み潰す!」への4件のフィードバック

  1. これは通州事件の武器や人数が変わっただけ!
    まだ、一部のやつらはこんな事を平然と。

    もう、時代は変わって中国の人も日本から学んだりして変わろうとしてるのに。

    こいつらは、もしかしたら自分の意思でやってるつもりなのでしょうか?(笑)

    そりゃ、公安などがこんな事してたら問題になる事待ったなしですからね。
    小道具がやってくれる分には、高見の見物でもして、その時が来たら刑罰でも与えればいいのですからね(笑)

    そもそも、中国はこれ以上領土を大きくしても貧困しか生まない気がします。
    台湾が、海を跨いでて本当に良かった。

    1. 中央政府、地元政府のお墨付きでないとここまでの暴力は振るえないでしょうね。
      地方へ行くとモラルが一気に数十年遡るようです。まさに合法的な暴力ってのが中国の公安ですね。
      台湾も危機に晒されていますし、台湾に何かあったら尖閣、日本が危ない。尖閣に何かあったら台湾も相当追い詰められてしまいます。
      江沢民、胡錦濤、習近平とますます異民族に対して厳しい状況が続いていて、恐ロシアどころじゃないです…

  2. 「留学だ、駐在だなどと行けるような国じゃなくなりそうです」この意が本当にヒシヒシと感じます。私も家内が中国人で歳の差がありますが、既に子供もいて来週も帰省し、1ケ月娘と老婆を置いてきます。

    本当は3歳の愛娘を置いてはきたくありません…私は娘と老婆を義父に預けて空港で別れ翌日、第三国経由で日本に帰国する予定です。たぶん、彼等が日本に帰るまで心配の種は尽きぬでしょうね…

    米朝の開戦は、国慶節の人民大会後あたりがX-dayでは予想しているので、10月8日の帰国は心配でになりません。北京では日本人の友人に彼女等の送迎をお願いしたくらいです。なんなら、北京まで迎えに行くことすら考えています。なんか、最悪のシナリオで東南アジア経由での出国も視野にあります。本当にキナ臭くて厭になります(>_<)

    1. あちらにお住まいでしたか。半島の危機もさることながら、中国国内も緊張していますよね。習近平も集権、江沢民派排除に一生懸命。10月18日の党大会までは国内に注力したいのか、朝鮮に関しては平和平和と心にも無いことを言っているようです。アメリカから色々引き出せるのが北朝鮮というカード。早々簡単に朝鮮がぶっ潰されてしまってはこまるでしょうね。
      toripapan様もどうか道中お気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です