精神的日本人って…どうなのよ?

精神的日本人と呼ばれている人たちが中国にいます。
現在、アメリカと貿易戦争真っ最中の中国が日本へ決死の擦り寄りをしておりますが、その擦り寄りの一環ではなさそうです。精神的日本人は、米中貿易戦争が始まる前、私の知る限りにおいては1年以上前から居たような気がします。

若い世代で増加する“精神的日本人”

「南京事件はなかった」
「おれの父は安倍首相」

最近、中国のネット上で“炎上”した書き込みだ。
旧日本軍の軍国主義を美化する現象は中国で“精日”=精神的日本人と呼ばれ、特に若い世代が多いとされる。中国政府は禁止する法律も作ったが、後を絶たない。背景に何があるのか。

旧日本軍が江蘇省南京で多数の中国人を殺害した(中国側は30万人が殺害されたと主張)とされる南京事件の生存者の94歳女性が亡くなったと、現地の記念館が公式SNSに掲載したところ、30歳男性が「南京事件はなかった。記念館はすぐに閉鎖し神社にすべきだ」とコメントし炎上。警察が捜査に乗り出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00010009-fnnprimev-int

俺の父は安倍首相ってのには笑ってしまいましたww

チャンネル桜でも取り上げていましたね。

精日が、ただの“日本好き”と違うのは、日本賛美と同時に“中国への敵視や侮辱”を表現するからだ。“理想的な日本”と対比し、中国人である自分の恵まれない境遇や現状への不満を表現するのは、形を変えた政府への反発とも言える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00010009-fnnprimev-int&p=2

ただのやっかみですがな^^

 

今になって取り上げられたのは一体なぜなのかわかりません。アメリカに制裁を受けて焦っているから日本にすり寄っているだけであって、日中友好なんてありえません。我々の考える友好とは喧嘩せず仲良くしましょう。文化交流しましょうってことなんですが、中国は古来より「友好=自分の言うことを聞く属国」であると認識しています。で、弱った国が近くにあったら喰っちまうと。

中国が日中友好に前向きなどと言っているのは地上波等のオールドメディアであり、普通の日本人であればこんなの単なる擦り寄り、パフォーマンスに過ぎないと思っているはずです。

日本人の中国に対する嫌悪感も順調に80%台をキープしておりますし。

ただ、気になるのは安倍首相の訪中です。中国にとって戦後歴代首相の中で最も嫌な首相でしょう。アメリカが制裁を加える中、親中派議員、売国経団連を伴って訪中。

まるで、天安門事件後の天皇陛下訪中を彷彿させます。
あのときは中国が世界から孤立しており、欧米諸国から制裁をされていたのに、日本がわざわざ救いの手を差し伸べたのです。とはいえ…これはアメリカから指示されてやったようですが。

精神的日本人のニュースを流すとは「中国政府はあれだけど、人民は結構親日的なんだぜ!」という宣伝のように思えてなりません。記事のコメントを見ていると親日的になったのではと思っている人も結構いますしね。

精神的日本人もどきはたくさんいる

勘違いしてしまいがちなのが、日本に留学したことあるから、日本人と結婚して日本に住んでいるから親日と思ってしまうことです。私の中国人同僚や中国人の友人でも、私と会うたびに中共政府の悪口を率先して言ってきます(私は言いません。へ~で済ませます)。だから俺たちは親日だぞ言いたいのでしょう。

反中を言うこと=親日ではありません。

習近平や共産党の悪口を言っていても、ウイグルやチベット、モンゴルでの蛮行を突っ込むと非常に嫌な顔をして否定する人が多いです。

まあ、私も中国にいる時は「中国のどう思う?」と聞かれていきなり否定的なことは言いません。お国柄もあるので怖くて言えないというのもあります。

日本人は日本人、日本のことを平気で悪く言う人も多いし、自虐的なことを言っても違和感がありませんので、初対面の中国人から中国の悪口を聞かされても「そうなんだ」で話が終わります。

しかし、中国社会や中国人を知っていると、自分の国の悪口をいきなり言う中国人はちょっと引きますね^^;

左翼は日本を貶めて中国をヨイショするけど、中国はこのような連中を利用こそすれ信用はしません。

長くなってしまいましたが、「精神的日本人」だと言っても、素直に親日的なんだなあとは思えません。