セック○三昧の日々だけど調教も怠らずに~陳ちゃん~

陳ちゃんとは体を開いた付き合いが続いていた。

エッチも結構好きなようで、拒むことは一度も無かったというか、自分からしたがることも多かったです。


陳ちゃんは20代前半、私は25歳の頃だったかな。
食事作法については結構厳しく注意していました。

レストランで骨付き鶏肉を食べている時に、床下にペッと骨を吐くのをやめてくれと言うと、その時はすぐに言うことを聞いてくれるのですが、しばらくするとまたすぐに捨て始めました。


悪意があってやっているわけではなく、彼女のクセらしいしですね。
それと、口を開けて食べるクセ、食べ物を噛みながら話すクセを治すようにいいましたが、骨を捨てるのと同様、ちょっと時間がかかりました。

  • 私の目の前で食事のマナーを守っても、他の人の前でそれをやっていたら全く意味は無い。
  • 私の前で綺麗に食事をしたいのなら、他の人の前でも綺麗に食べること。じゃなきゃ綺麗に食べられるようにはならない。
  • 何度も言って、ようやく出来るように成りました^^;
    他にも

  • 痰唾をそこら中に吐かない。
  • ゲップを人前でしない。特に食事中。
  • 体の洗い方も教えてあげました。
    風俗業だったし、男性経験もある陳ちゃんだったのであそこの手入れはまあ…中国人にしては良かったと思います。

    「シャワーであそこを綺麗に洗う」

    だけで、上等です。
    他の女の子は白いカスがびっしりついていて、とてもじゃないけど臭いし汚い^^;
    陳ちゃんにはそういったカスもありませんでした。


    あそこの毛が伸び放題だったので、水着が着た時に毛がはみ出ないよう毛を剃ってあげたりと…。まあ、この辺は次回で。

    中国人とインターネットで出会おう!
    中国人との出会いはリアルの場だけではない!

    中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!
    中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です