人妻お風呂嬢のいるお店に足繁く通う~風呂嬢人妻張さん~

張さんのいるお店に行ってみよう!


私はテコンドーの帰りには、殆ど言っていいほど張さんいるお風呂屋さんへ通っていました。


陳ちゃんや他の中国人彼女がいても・・・きちんと通っていました!

せっかくの中国生活だから、本能の赴くままにチャイナ娘と楽しもう!と、心に決めて日々を過ごしておりました^^;。
張さんのいるお店には、何回も通っていたけれど、ある日彼女の旦那や旦那以外の男との性体験を語り始めました。
張さんは私の住んでいる都市の近郊にある農家から出稼ぎに来ていました。


子供は幼稚園。旦那も出稼ぎをしていて、お互いの祖父母が子供の面倒を見ているそうです。


「旦那とは里帰りした時にセック○をする程度、一緒に暮らしていてもあまり回数は多くなかった」


「旦那は愛撫をすることなく、いきなり挿入してくるだけだったので、していても楽しくない、テクニックが全然ない」

と言っていました。


「じゃあ、テクニックがないと思ったのは他の男性との経験があるってことでしょ?元カレ達の方が上手かったってこと?」

とたずねると、


「ははは!元カレたちってw!旦那は私にとって初めての人よ!」


「じゃあ、どうして比較できるのさ?」


「前、ここに来ていた台湾人のお客さんがいたんだけど、その人との比べると全然♪」


台湾人男性とハメハメして相当いい思いをしたようです。
前戯がとてもうまく、気持ちいところをくまなく愛撫してくれたようで、「指でイク」ことも覚えたとのことです。
台湾人の男性が短期滞在していた時は、滞在先のホテルに通ってしっぽりやっていたそうです。


「旦那以外の男と本番までしても、なんとも思わない?」


「そりゃあ、、、良くないと思っているけれど、だって寂しいし…」


口先だけですな。多分なんとも思っていないのでしょう。


私も中国人の男たちは挿入だけで、前戯を全くしないと聞いていましたし、実際そのようです。台湾の男性は違うようですね。日本人ほどではないですが、前戯をそれなりにするようです。

クン○を全くしないのが中国人男。台湾人の男もしなかったそうです。
あそこを舐める行為に対して、女性も「えっ!?」て顔をしますし、かなり引いたり、驚きますね。


私は、


「爆丼の舐めはすごいぞお~!」

と彼女に伝えたところ、彼女は笑っていました。
近いうち、舐めることになったのですがね・・・。


中国人とインターネットで出会おう!
中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!
中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番