天安門前での車炎上、事件として捜査!旗を振った人物がいたのか?

 

中国人民の社会への不満は計り知れませんね。 一見穏やかで無抵抗のように見えても、生活困窮者、元犯罪者達、不満分子たちはいきなり暴発しますからね。

打倒共産党もいいでしょうけど、中国国内で内乱が起こると日本に難民がなだれ込んで来るでしょうからそれはそれで厄介です。

さて、天安門での車炎上。

ついに事件として当局が調査するようです。 何者かが旗を振ったという情報もあるようです。もしかして、突撃の合図でしょうか…?

天安門、旗振って突っ込む? 党の「聖地」に衝撃

朝日新聞デジタル 10月29日(火)5時30分配信

【北京=林望、倉重奈苗】中国・北京の天安門前で28日に起きた車突入・炎上事故は、故意によるものとの見方が強まっている。中国では、政治や社会への不満を背景にした市民の自爆事件が続く。事故は市民だけでなく、習近平(シーチンピン)指導部にも緊張を与えている。

事故後、現場付近の歩道は封鎖され、天安門広場への立ち入りも禁止された。現場に向かった記者が立ち入り禁止区域の外側からカメラを構えると、武装警察官が「撮るな」「カメラをカバンにしまえ」と怒鳴りながら駆け寄ってきた。

事故時に現場にいたという40代の旅行会社員は「車内から黒い旗を振りながら車が突っ込んできた」と話した。旗には少数民族の使うような文字が書かれていたとの目撃情報もある。 . 朝日新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000006-asahi-int

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です