中国人は揃いもそろって浮気、不倫をしまくっている

 

中国に留学、仕事で駐在もしていましたし、今でも中国の企業と取引のある仕事をしていますから、どうしても中国人との付き合いが続いています。

別に嫌だというわけではありませんよw

 

中国人男性ってのはどうして少しでも金持ちになると愛人を探すのでしょうか。 身の丈とか身分相応という考えがないのか、とにかく愛人を持つ事で自分のブランドが高まると考えているフシがあります。

 

私の中国人の友人は、中国の中堅企業で課長クラスの役職についていて、月収も8000元となかなかの高給取りです。基本給がこれで、残業や様々な手当、さらには取引先からの領収書をちょろまかしたりと副収入の確保にも余念がありません。

彼は現在32歳で、奥様は27歳。 美人で、お子さんが生まれたばかりなので現在は休職中で、専業主婦をしています。

「嫁さんとのセック◎は飽きた」

嫁さんとのセック◎は奥さんが妊娠してからは全くしていないとのこと。 妻も母となってからは性欲がなくなったかのように、旦那とのセック◎を拒み続けているとのこと。

 

拒み続けているといっても、1,2回セック◎を要求しただけらしいですけど。

仕事帰りにクラブに行って、女子学生をナンパ。 その女性と遊びまくっているようです。 女子学生でも都会で育った女の子だそうで、付き合うにもお金がかかるのだとか。 日本に行ったら正規品のブランドバッグ、電化製品を買っていました。

中国人の奥様の中でも、金のある男性との浮気をするのが大好きという人もいます。 中国人の知人が口をそろえて言うのは、人妻となってからも、中国人女性は働く人が多いので、取引先のおじさんの妾になったり、セフレになって小遣いを稼ぐのだとか。

会社はもちろん黙認。 彼女たちが体を売ってくれることで取引が続きますし、会社も喜んでいるとのことです。

知人の同僚は日本の企業の重役の愛人になっており、彼が出張に来た時はいつもべったり。夫も子供もいるのに、ホテル通いをしているそうです。

 

…中国って本当にわからない国ですね。 富める者は富み、貧者は困窮。 経済発展の中で道徳、モラルが崩壊しつつある中国に翻弄されていますね・・・人民達は…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です