中国のレストランで働いているウエイトレスは声をかけやすい

日本でもウエイトレスと仲良く方法があるのかどうかわかりませんが、日本のレストランのウエイトレスさんはとても忙しそうですよね。


広い店舗を2,3人で切り盛りしているため、注文、会計、テーブルのセット、注文の品を運び、後片付けもする。


中国のレストランで働いているウエイトレスはかなり余裕があります!

なんせ、人数が違います。ホールに何人というより、一テーブルに4人くらい付いている場合もありますからね!
注文を取る係、品物を運ぶ係、後片付け係、店頭で客引きをする係。


人数が多いくせに仕事はダラダラ。
いや、多いゆえにダラダラするんでしょうね。
中国の人件費は安いですし、彼女たちの給与なんてたかがしれています。
サービスの悪さを人数で補うというのは中国らしい考えですが、サービスの悪さは人数ではカバーできませんw

  • オーダーミスが多い。
  • オーダーミスを指摘しても、頑として自分の意見を曲げない。
  • 対応が素っ気ない。
  • なんとなくみすぼらしい。
  • お釣りを間違える。
  • 呼んでも聞こえないふりをする。
  • 日本だったらありえないことですが、上記のような欠点が返って魅力的に映る時があるのです。
    日本で可愛い子ウエイトレスがいても、忙しく立居振舞っているのでなかなか話しかけづらいですよね。
    中国のウエイトレスはオーダーミスをして口答えしてくるので、話すきっかけがたくさんありますw
    中国語ができると面白い駆け引きができます。


    注文ミスをきっかけにウエイトレスと仲良くなって、恋愛して結婚した知人もいます。
    中国で生活していると外食がほとんどですから、行きつけのレストランができます。そこで毎日顔を合わせていれば、必ず注文ミスをしますので、ある程度仲良くなれますw


    中国のレストランでウエイトレスをしているのは、ほとんどが農村からの出稼ぎ娘たちです。だからサービス業が下手。見方によってはそこが可愛いとも言えますが。

    それと、中国のレストランでは品切れ中のメニューが多いですね。
    注文しようとしても「ない」の一言。
    じゃあ、何の料理ならあるのか言ってくれと頼むと、勝手にシェフのおすすめをイチオシしてきます。
    そんな時は大抵…それなりに値の張る料理か、食材が余りまくって腐りかけているからさっさと処分できる料理を薦めてきます^^;
    私もウエイトレスのおすすめがどうも「くさい」気がしたので、仲良くなったウエイトレスと付き合った時に聞いてみたら、やはりそう。高い料理よりも、余った食材を処分出来る料理を薦めてくるそうです。

    なれなれしく、遠慮なく話しかけていると彼女たちもだんだんと愛想良くなってきます。中国語があまり話せない外国人だと面白がって向こうからオーダー取りに来ることもありますw


    中国語の練習にもなるし、出会いの場となること間違いなしです。


    中国人とインターネットで出会おう!
    中国人との出会いはリアルの場だけではない!

    中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!
    中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番