中国語の発音を修得することが学習の第1歩!

 

独学で中国語を身に付けるのはそれなりに時間がかかるし、教材をきちんと選ばないと遠回りすることになります。

中学英語では簡単な挨拶言葉と文字の練習をしてから、すぐに文法の勉強に入ったかと思いますが、この勉強方法では面白くもありませんし、なかなか話せるようにはならないのは、皆さんすでに体験済みだと思います。

中国語を学び始めた頃は、発音。とにかく発音の練習ばかりします。 それと同時に声調も習います。

「中国語は発音を極めれば半ばよし」とはNHK中国語講座でおなじみだった相原茂先生の格言ですが、まさにそのとおりで、発音をきちんと極めれば、後は文法と単語だけと言ってもいいでしょう。

確かに外国語はみんなそうなのですがw、中国語の文法は簡単ですし、単語と言っても所詮日本語でも使われている「漢字」なので、ヨーロッパ言語とくらべて覚えやすいと思います。

日本人は漢字を使っているので、つい読み書きに頼ってしまい、読めるものだから、あまり話せなくても「なんとなく中国語がうまくなった」気になってしまうものです。

だからこそ、発音に力を入れ、リスニング、スピーキングを身につけたいですよね。

 

中国語の勉強の段取りを整える ~中国人女性と恋愛するために~

中高の英語学習方法では結果がでなかったにも関わらず、ついつい英語式勉強法を取り入れてしまいがちです。何度も言いますが、是非、発音を最初に身につけてください!

きちんとした発音ができれば、リスニングも向上します。

発音が出来ていれば、朗読も出来る。 きちんとした発音で朗読すれば、暗記もスムーズになります。

自分の発音を頭の中でこだまさせることで記憶が定着すると言われていますので、きちんとした発音を身につけることは、中国語を勉強する上での最低条件と言ってもいいでしょう。

中国語の発音は、参考書等を見ればわかりますが、日本語にはない音がいくつかあります。

-ang、-anの区別、巻舌音と言われるzhi,chi,shi,ri。

使う筋肉が全く違うので、最初は舌も顎の筋肉も思うように動かせないかもしれません。

しかし、練習あるのみです。ひたすら音声を聞き、ひたすら繰り返す。 矯正してくれる中国人がいれば最高ですが、独学でも習得は可能です。

こちらの教材発音の基礎から学ぶ中国語では初心者向けの内容が充実していますし、勉強を飽きさせない工夫もされています。

私も発音は学校でみっちり鍛えられました。 1ヶ月やってどうにか様になったので、独学で、しかも昼間お仕事のある方は学習時間を抽出することも大変でしょう。

中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番

でも、コツコツ続ければなんとかなる。修得するまでには時間がかかるものだと割りきって継続してください。

発音さえ極めてしまえば、後はかなり楽になります。

中国語を上達させて、中国娘と付き合っちゃおう!

中国語を学ぶ楽しさを知ろう!