中国語の音声は、漫然と聞き流すのではなく、内容を把握しながら聞くこと

 

聞くだけで外国語が上達する…。 「もはやこれは常識」とばかりにプロゴルファーの石川遼選手がスピードラーニングのCMに出演していましたが、基礎能力が皆無の人がこの教材を使っても英語の達人にはなれません。

 

テレビや音声を聞いていて、自然と中国語が身についていく…。 これは小さな子か、10代前半の勘のいい子しかできないのではないでしょうか。

10代後半以上になると聞くだけで未知の外国語を覚えるのはほぼ不可能。

 

聞くためのコツとは? 予め、テキストに目を通し、内容を把握しておくこと。 そのためには辞書を使ってわからない単語の意味を調べる。 その課でならう文法を覚えておくこと。

上記をすべてやり終えたあとで音声を聞きましょう。

それから音声を聞くわけですが、その教材のCDを1から10まで聞くのではなく、聞く場所を決めておいて、そこを集中して聞くことです。

今日は第2課を聞くと決めたら、その課の会話文を電車の中や車での移動中に聞く。

社会人ですと帰っても勉強時間が無いこともあるので、電車の中で居眠りしている時間を活用しましょう。 40分しかないという場合、時間制限があるわけですから、聞ける範囲は限られてしまいます。1から10まで聞こうとすると全部聞けるわけがないので、第2課だけを反復して聞いた方が効果が大きいです。

 

単語を綺麗に発音出来るようになったら聞き取る力も向上します。 並行しながら学習してくださいね!

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • maru より:

    実際、石川遼さんは英語が出来なかった事は有名ですね。

    自分も、中国語の勉強をし始めてる訳ですが、今はアプリで本場の人に発音アドバイスを貰いつつ、仲良くなるとwechatのIDを手に入れて個別になんて事してたりw

    勉強自体は真面目にやってますよ。wechatは音声が送れるので、便利です。
    日本語を見る代わりに、中国語の分からない所は教えて貰いつつ

    基本は、キクタンで単語の勉強と、HSKで文法の勉強をしています。

    長い道のりですが、頑張ります。仕事しながらだと、大変です( ̄◇ ̄;)

    • bakudon より:

      maruさん熱心ですね!ネイティブから発音のアドバイスを受けていれば、かなり上達しそうですね!
      さらに、キクタン単語の補強は素晴らしいです。例文ごと覚えてしまうと本当に頭に入りますし、HSKの文法にも役立ちます。
      サラッと勉強しているように書いておられますが…かなり計算しておいでですな!
      やっぱり外国人のお友達が出来ると、モチベーションが上がりますよね!

      • maru より:

        ただ問題は、社会人になると学習する時間がとんでもなく少ないという事実ですね。

        少し仮眠をして、11時から始めるとHSKを一つユニットやるだけでも、朝の3時になる時が有ります。
        ヒアリングが、簡単な文とはいえ全然なので2回だけの音声では全て解読出来ないので、何十回も聞き流してやっと全てを理解しきる時も有りますw

        単語やる時間がないです。。。
        日にちを分けてやります(笑)

        • bakudon より:

          すごい!めちゃくちゃ勉強しているじゃないですか!
          社会人でそこまでしっかりと勉強されている方は少ないと思いますよ!

          HSKの勉強となると、本腰を入れないとお金ももったいないですもんね。
          私は最近めっきり勉強していないので、maruさんに負けないようやらなくちゃ・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です