留学中に中国人の女に部屋に閉じ込められた話

留学中は中国語の上達に情熱を傾けていたので、学校の語学クラス以外でも中国語を話すよう努力していました。

やっぱり留学生は中国社会からは浮いた存在になってしまうし、「お客様」としてしか扱われないので、中国人学生とは距離がありましたね。
私は中国語を早く身につけたかったし、中国人の友達が欲しかったので、こちらからガンガン話しかけて仲良くなりました。


最初は日本語学科の学生と話していましたが、それだと利用されている感が強かったし、日本語を抜きにした中国人との付き合いを体験してみたかったので日本語学科以外の人に声をかけていました。


女性にはあまり声をかけませんでした。同性の友人のほうが変な感情が生まれませんし、友情も長続きするはず。


そんな思いもあり、男の友達を作っていました。


一緒にお米をシェアして、自炊が出来なかったのでお金を出し合って惣菜ものを買って食べたり。今では楽しい思い出です。
留学生宿舎のそばに彼らの宿舎もあったので常に会えました。


彼らの宿舎のとなりに女子学生も住んでいて、その娘と仲良くなりました。


遊びに行くときも男友達に混じって来ました。彼女は林さん。
長髪でスタイルがよく、いつもワンピースを着ていました。
その娘は積極的で私の部屋に遊びに来たり、自習室で勉強しているとよく話しかけてくれました。友達同士だし、私も彼女に対して特別な感情は一切もっていませんでした。


ある週末、ディスコに行って踊ろうということになり、4人でディスコへ。
彼女が酒に酔い始め、踊るのに疲れたのかカウンター席で酒を煽っていると、急に私の耳たぶをかじったり、体を預けてきました。


素直な私は彼女が泥酔してはまずいので、タクシーに乗せて一緒に帰り、彼女の部屋まで送って行くと・・・。
彼女の酔いが冷めたのか、ムクリと起き上がり私の体を後ろからホールド!


「行かないで…爆丼のことをずっと好きだった!」

こんな中国語が下手な外国人に惚れるとは…。
カネ目当てかなと思いましたが、彼女の家はそこそこの金持ち。実家は事業をしていて、かなり羽振りがよかったです。
もしかしたら、外国人とセック○をするのが好きなのか?
そうこう考えているうちに、彼女は部屋の扉をロックし、私を外に出そうとしません。


「一緒に寝て」

とのこと。


据え膳食わぬは男の恥!と思いましたが、酔った勢いなので型通りの拒絶はしましたよw


「酔っているだけだよ・・・友達同士だし…」


「本当に好きなのよ!抱いてって!」

と言うやいなや、ワンピースを脱ぎ捨て素っ裸。


酒と汗の臭いがしたけど、踊りに行く前にシャワーを浴びたのか石鹸の香りもしていました。
おっぱ○は思ったよりも大きく、ちょっと柔らかすぎる気がしましたが、とても気持ちよかった。
彼女は自分から上になって騎乗位で挿入しようとしてきたので、


「ゴムは付けなきゃ!」

といったけど、一切無視!いきなり挿入で喘ぎまくる!
病気が怖かったけど、ここまで来たら後にも引けず。
グラインドがすごかったので、ポジションを変えてこちらから攻めましたが、すぐに騎乗位をやりたがりまたチェンジ。
悶まくりながらも、しっかりと愚息をくわえ込む林さん。
さすがに出そうになったので、抜こうとしましたが、動きが止まらず

「そのまま出していいよっ!」

とのこと。
そのままフィニッシュ!
中でいってしまいました…。


中国人とインターネットで出会おう!
中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!
中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番