中国の留学生ですら中国人の唯物主義に泣く

 

アメリカでも中国人との結婚が増えているようですが、やはり肩書や財産などの目に見えるものにばかりに目が行ってしまい「愛情」は3の次のようですね。

80年代生まれの中国人留学生であるジュリアさんは、シカゴで経営管理学修士(MBA)を取得した後、南カリフォルニアで就職した。見知らぬ地で知り合いもほとんどおらず、加えてもうすぐ30歳という年齢と高学歴がネックとなり、恋人はなかなかできなかった。仕方なく婚活サイト「match」を利用したジュリアさんは、英語は流暢に話せるため、言語の面では米国人の彼氏でも問題はないが、それでもやはり華人の彼氏を選ぼうと思っていたという。   その後、ジュリアさんは華人の男性十数人と知り合ったものの、数回デートしただけで、恋は発展しなかった。ジュリアさんは、「華人はとても現実的。相手の職業や家庭背景、肩書などばかりに注目し、趣味などに言及することはほとんどない。華人のお見合いは、戸籍を調べているような雰囲気で、家柄や身分が釣り合っているかばかりに重きを置いているのに対し、肝心の『愛』はおきざり」と嘆く。そのため、ストライクゾーンを外人の男性にまで広げた。そして、オハイオ州出身で、カリフォルニア州のサンフェルナンド・バレーで物理療法師をしているショーンさんと結婚した。

リンク元:http://www.chinabusiness-headline.com/2014/01/40399/

まあ、中国人相手ではある程度覚悟しなければなりませんが、中国人女性を選ぶにあたっても金や地位は必要になります。 特に、言葉に壁のある国際結婚では必要になってきますね。 仲介手数料300万円ほど払って結婚したけど、セック◎は初夜のみ。1か月後に疾走したチャイナ花嫁は少なくありません。 言葉も必要になりますし、中国人女性と結婚または恋愛するのならどんな出会いがよろしいのでしょうか。 私が思うに信頼できるかできないかは中国人女性個人の質によりますが、なるべくまともな中国人女性と付き合うにはまっとうな出会いがよいでしょう。

  • 日本国内の場合日本に留学している大学生。

若い子も金、金と言いがちですが、社会にでる前の女の子の方が比較的マシです。 金の亡者のような人もいますが、女性のほうが割りと愛情や性格を重視しますし、努力次第で付き合うことも可能です。

中国人女性に振られた?気にするな!ガンガン行こうぜっ!

 

  • 中華料理屋でアルバイトしている女の子

これは・・・かなり微妙ですが^^;!

不法滞在の可能性もあるので仲良くなったら、ビザと在留カードの確認をしましょうw 中国農村の出身で、日本に来て1,2年。まだ泥臭さが残っているくらいが与し易いかもしれません。恋愛⇒結婚と特急で進むかもしれませんが、相手を観察しながらじっくり付き合いたいですね。 「中国人が経営している中華料理屋は中国人を最低賃金以下で働かせているから、なかなか潰れないんだ」 と、日本でコックをしている中国人の知り合いが言っていましたw

日本語があまり上手くない女の子を時々目にしますが、こんな子たちは他に行くあてがないので、低賃金で頑張っているのでしょうな。

その他、日本に観光に来ている中国人娘をナンパするのも良いかもしれませんね^^; 観光に来るぐらいだから経済的にも余裕があるし、変なことはしないと思います。ハードルは高そうですけどね…。

日本での出会いですと、やはりキャバクラ、中国人の売春婦ではないでしょうか。 これはやはり危険ですよね…。信頼していても見事に裏切るのが彼女たち。

中国の場合は…?

こちらのサイトで散々書いてきたことですが、やはりブチャイクだけど農村娘が妥当ではないでしょうか…と個人的に思います。

 

中国人とインターネットで出会おう!

中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!

中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です