中国人元風俗嬢陳ちゃんといっしょに温泉旅行へ行く

陳ちゃんと付き合い始めてから、陳ちゃんはマッサージ店を退職。

ウエイトレスとして飲食店で働いていました。
ウエイトレスの仕事は大変だけど、土日の休みを取るのは割と簡単でした。


日本で働いていると土日は忙しいので、休みを取ろうとすると嫌がられますが、中国は人口が多いので土日関わらず忙しいし、ウエイトレスの人出も多いwだから、土日はほぼ休んでいましたね。土日休めなくても平日退勤後に会えましたし。


毎回、家に呼んで映画を見てセック○、街を散歩した後にセック○、買い物をした後にセック○をしていたけど、たまにはどこかに遠出したくなります。
私は前任者から車をタダでもらっていたので足はありました。
※外国人が中国の免許を取るのは大変でした^^;これはまた後ほど。


彼女もどこかに出かけたいようだったので、温泉に行こう!ということになりました。
週末を利用しての1泊2日の旅行です。
陳ちゃんが言うには温泉だけど必ず水着を着用しろとのこと。


中国の温泉は日本と違いで裸で入るのではなく、水着を着用して入るプールのようなものです。
陳ちゃんはもちろん水着なんて持っていないので、まずは水着を購入。

ビキニ系の水着が少なく、スクール水着に毛の生えた程度のデザインばかり。
ビキニ系はさすがに恥ずかしかったのか、スクール水着のような芋っぽい水着を購入。
部屋に戻って来てみると、あそこの毛が思いっきりはみ出ていたw


芋っぽいけど、芋っぽい娘が着るとそれなりに似合うという現実。なかなかかわいいもんです。
あそこの毛が長すぎのが陳ちゃん。

その姿に萌えすぎて、またカミソリを手にとってアンダーヘアを剃ってあげました。
蜜壺から蜜が出てきたので、毛を洗い流してから挿入。
こちらの息子とあちらのおマン○も随分フィットするようになって参りました。
まあ、それはともかく、車を3時間ほどかっ飛ばした郊外に行って来ました。


地元の女の子を横に乗せているとかなり安心しますね。実は一人で遠出するのはかなり怖いです。中国人の運転は荒いし、交通ルールもクソもないので、旅先で道に迷ったり事故ったらやばいですからね。


陳ちゃんも地図を見ながらしっかりとカーナビの役割を果たしてくれました。


温泉は日本と比べてかなりぬるめ!
温水プールといった感じで、親子連れやカップルがそこら辺で跳ねまわっていました。薬湯、滝、和式風呂、後はプールのような温泉でした。
彼らは熱い風呂に入り慣れていないので、熱いふろには入れないそうです。


「もっと熱い風呂はないの?」

ち陳ちゃんに聞きましたが、


「ぬるい方がいいじゃない!のぼせちゃうでしょ」


とのこと。

全く聞く耳を持ってくれませんな。
芋っぽい水着を着て、アンダーヘアを剃ったものの、ワキ毛はあえてそのままにしておきました。
中国人女のワキ毛はあまり綺麗に見えないけど、好きな子のワキ毛なら変えって魅力的に映るものです。

食事は中華料理なので脂っこかったけど、温泉で遊んでいたのでかなり腹ペコ。随分食べちゃいました。
温泉には初めてだそうで、陳ちゃんも大喜び。

その日もしっぽりとセック○。
充実した旅行でしたw

中国人とインターネットで出会おう!
中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国語を覚えれば出会いの場が広がりまくる!
中国人の女の子と恋愛する時は中国語が一番