海外で犯罪を犯した台湾人がChinaに強制送還されていた


海外で逮捕の台湾人600人超、中国へ

スペインを拠点とする人権団体「セーフガード・ディフェンダーズ」は報告書で、こうした送還が「台湾の主権を弱めるための道具として利用されている」と指摘している。

台湾は独立国家を自認しており、海外で逮捕された台湾人は台湾へ送還されるべきだと長年主張している。

セーフガード・ディフェンダーズは、2016~2019年のメディア報道から強制送還の事案をまとめた。それをもとに、強制送還が「海外での中国政府の影響力を強めるために利用されている」とし、中国がこれらの台湾人を「追いつめている」と非難した。

同団体は、中国に送られた台湾人には中国に「ルーツがなく家族もいない」と指摘。迫害や深刻な人権侵害のリスクがあると警告した。

https://www.bbc.com/japanese/59486724

強制送還されるのは犯罪者。
極悪人がチャイナに送られるのはざまあみろと思うかもしれませんが、主権の問題です。全く違う国に強制送還されたらたまったものではありません。

Chinaに生まれ落ちた時点で、様々な人権侵害を受けているわけですから、犯罪者がどのような目に遭うかは推して知るべしです。

ただ、時々思うのは自分の子供を虐待死させたような親は、日本で罰せられるのではなくChinaに送還され凌遅刑でもと思うときがあります。

スペインとケニアが台湾人を中国へと送還しているそうです。
いかんでしょ。

China高官の浮気相手の話よりも、台湾人の強制送還の方が深刻な問題ではないでしょうか。ウイグル人、香港人、台湾人、そしてチベット人、南モンゴル人の方々…外交ボイコットだけでなく実質的な問題にも取り組んでほしいですね。


中国ニュース

Posted by bakudon