公園でセミをほじくり出して食べるピチピチギャルと付き合いたい?

 

公園でセミを採取している外国人がたくさんいるそうです。
地上波でもニュースになっております。川口市の公園でセミを捕まえないでという看板が日本語と外国語で書かれているそうです。

セミを食べるって言ったら…中国人たちでしょっ!

確かに蝉の幼虫のお腹を見ると…タンパク質がたっぷり入っているような…。私もたった一度だけ食べたことがあります。甘辛く炒めてあったような覚えがあり…味は覚えておりません。ちょっと泥臭かったかな?

フロントジャパン桜でも川口市のセミ問題を話しておりました。それよりも恐怖なのが中国人が増えすぎていることです。可愛いく(可愛くなくてもいいけど)ておしとやかで若くて、日本語がうまくて、礼儀正しくて、日本に同化しているChina娘は可としても…そんな方なかなかいませんよね。

日本社会にまだ馴染んでいない人が取っていそうな気がしますね。
自分の彼女がセミを夜な夜な取りに行っていたらどうします?まあ…仮に私がChina娘とお付き合いしていたとしても、中国娘慣れしているのでそれなりに楽しみつつ耐えられるかもしれません。

しかし、中国娘の本質や文化習慣も知らずに惚れた腫れたで中国娘とつきあっている日本人男性にとってはカルチャーショックを受けるでしょうね。ほぼ確実に。

「ごチソ作って上げるヨ!」

と言われて家庭的な女の子だなあ…なんて思っていたら、皿いっぱいに盛られたセミの丸焼きがドンっ!

ぎゃへっ!?

ビビるでしょうな…。
そんな現場も見てみたい気もしますが…セミの乱獲は大問題だと思いますよ。夏の風物詩が台無しになるかもしれません。

 

川口市は多文化共生を目指していくんですって。川口市と言ったらChinese。朝鮮韓国人、その他外国人というイメージです。日本人の多くは絶対に反対しているとは思うのですが…市長がこのザマでは日本人の有権者たちももしかしたら「世界市民系」が多いのかしら…?

移民に蝕まれるモデルケースが川口市とならないように祈りつつ見守ります。

 

UR賃貸のChineseの侵略。
これもひどいですねえ…。あまりの愚策ですので怒りがこみ上げてきました。動画を御覧ください。

国際交流パーティーで中国人が大挙押し寄せて食事を平らげる…見たことあるよ!この光景!

以前私が妻と一緒に地元の国際交流パーティーに参加したときも、数百円の参加費で大勢中国人が来ていました。確かに家族ぐるみで来ては食料を頬張っておりました。中国人同士で交流はしていたけれど目的は喰らうことだけでしたね。

中国人がヘラブナ、鯉、アメリカナマズを荒喰い?!釣り場で起こった問題

まさに支那大陸からの蝗ですな。外来種が日本人を駆逐しようとしているとしか思えません。めったに現地に同化しない民族ですから非常に厄介です。最近は池、川の鯉がどんどん減っております。

必ず食物連鎖の頂点に立つのが中国人なんだなあ…と改めて思いました。

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • maru より:

    探偵ナイトスクープでセミを食べてるのを見た事有りますが、美味しいらしいですね。

    日本でも、イナゴや蜂の幼虫食べたりするので乱獲さえしなければ良いとは思いますが。
    出来れば、うちの周りは特に煩いので少しは食べて頂きたい位ですw

    • bakudon より:

      食べると割と美味しいんですよ^^;
      イナゴなんてほとんど売らなくなりましたね。昔、小さい頃祖母がどこからかイナゴの甘露煮を持ってきてくれたのを覚えています。
      結構美味しかった覚えがあります。
      そちらはセミの大量発生ですかwあまりの熱波に関東ではセミすらも熱中症のようでおとなしくなってます。

  • lau より:

    蝉の幼虫は山東、河北等で普通に食べられています。夏の田舎の定番です。山東省では素揚げして塩コショウの粉をお好みでトントンとつけて食べます。薄味のエビのような味。海鮮料理屋で魚肉と共に普通に並んでいます。新鮮な!時はメゴメゴ動いています。私はザリガニより蝉と蛹が苦手で本当にやめて欲しいです。タイではタガメがありました。これも田舎の子が食べるのでバンコクのど真ん中で売ってました。
    さて私と懇ろな中華女子は、まあ7割は蝉を食べます。農村出身者は、まず間違いない。東北娘は、あまり食べないようです。陝西娘も食べると言っていた気がします。育った環境に依存するので都会の中華女子は食べる習慣が無くなっている可能性が大きいです。
    内陸の田舎は昔は食料事情が良く無かった事もあり何でも食べる傾向が有ります。これらも間もなく消えてゆくでしょうから、ある意味貴重な体験かもしれません。
    さて、最近は、今年新規の中華熟女と交流中です。ごちそうさましたら、また報告します。毎年新規案件は有りますが当方も50過ぎなので20代姑娘案件が無くなり、三十路四十路の熟女案件が増えました。まあ、それでもごちそうさままでのやり取りは楽しいです。素人におっぱいの写真を送らせたり妹さんの写真を送らせたり、過激な場合は自分で揉揉中の音声送ってきたりと中華熟女は性力旺盛ですね。

    • bakudon より:

      猛者lauさんといえど虫系はちょっと苦手なんですね。
      蛹は私も無理!初めて店頭で虫を売っていたのを見た時、ペットショップかと思いましたからね・・・「え?これ喰うの!?」と驚きました。

      タイでも虫を食べるんですね。やはり南国は虫もでかいし、葉物野菜がたくさんありますから食文化が進んでいるのでしょうか。

      Chinaの田舎娘は地方によるとは言え高確率で食べておりますねw
      オフィスの中国人もみんな好きです。

      それにしても・・・、
      lauさんのChina娘環境がすごすぎっ!20代姑娘じゃなくても30代でも羨ましいっ!ほんと、コミュニケーション能力の高さに脱帽させられます。毎回w
      China熟女の貪欲な性欲底なしですねえ。何度も書いたかもしれませんが、lauさんの体験を記事にしたいですよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です