風呂嬢の潘ちゃんとは時々遊んでいました

最近は、中国娘体験談をあまり書いておりませぬ。

日本国内で知り合った中国娘との体験もあるのですが、駐在、留学中に知り合った娘の方が格段に多いので、その時のお話を思い起こしながら書いていく…というこのサイトの原点に戻ります^^;

とはいえ、気分によって最近のことを嗅いたり当時のことを書いたりしますので、どうかよろしく!

 

潘ちゃんは巨乳のお風呂嬢。
お店では本番なしの娘っ子だったけど、お願いして店外デートに誘い、決めることが出来ました。

店外デートはお店の近くや彼女の知人がいそうな場所は全てNG。

かと言って一日で帰ってこれない郊外の旅行もいけません。
やっぱり…近場の郊外の温泉ですw

温泉は水着を着て入ります。日本のように素っ裸で入る場所なんて中国にはそうそうありません。

その分、混浴というかプールのように男女共同なので楽しめます。

陳ちゃんと温泉に行ってきた。正月は温泉で過ごすのもオツ

誰も彼も…みんな芋っぽい水着ばかり。

潘ちゃんのも似たり寄ったりですが、巨乳な分見ていて目の保養になりました。

乳でのしごきサービスを求めて、いろいろなマッサージ店を散策

潘ちゃんも他の娘と同様出稼ぎです。
農村出身で姉と弟がいます。最終学歴は中学校卒業後に専門学校に通ったため、この専門学校も高校の学歴を兼ねているそうです。

でも、普通高校と比べて勉強の内容は難しくなく、普通科よりも学力は低いようです。

身の上話を聞いていても特に悲壮感はありませんでした。

お金を無心することはありませんでしたし、普通にデートしてお金を渡したこともありましたが、毎回ではありませんでした。

 

この娘は昔彼氏がいたようなので、割りとセック○には積極的でした。

特に濡れやすい体質で、パンツを脱いだ時点でトロトロトロトロ…。

身体がとても正直で汗を体全体でカッ!と発汗。

前戯をしているとわざとらしい喘ぎ声を出す娘が多いですが、彼女は発汗と濡れ具合から判断して本物。

この日も温泉どころではなくムラついてしまったので、近くのホテル…と言っても招待所並の作りの施設へGO!
部屋に入って服を脱ぐと、すでに肝心要の場所はタラタラ。

すんごいなあ…下着も透け透けです。

胸、乳首、ワキ(ワキ毛あり)を愛撫していると、いつものようにたくましい声で「ふおおお~!ふおっ!」と叫ぶ潘ちゃんw
訓荷をして差し上げると、

「んぐうう~」

「うおおおお」

「ぐおっ!」

と、すんごい声を出すので、興奮するやら笑ってしまうやら…。
それでも爆丼の拙い技にハマってくれたようですから、ありがたいものです^^

嫌がるまで数回いかせてからいよいよ挿入。

キツイけどヌルヌルなために、何回も飛び出してしまう我が息子。

小さめのお尻の潘ちゃんなので、ずいぶん軽快に上での仕事をこなし・・・とにかくアグレッシブな娘へと変貌。

こちらも後ろから突入したのですが、後ろだとずいぶん深いところにあたってしまうようで痛がっていました^^;

別に爆丼のブツが立派なのではなく、あれだけお尻の肉が少ないと角度によっては深く刺さってしまうものなのか。

 

ちょっと声のうるさい娘でしたが、一生懸命さが伝わってきてとてもスポーティな交わりをさせてもらって良い思い出です^^
今度時間があったら、今までお世話になった娘たちを訪ねてあの街に行ってみたいなあ・・・。

コツコツ大きくさせるためのおすすめ精力剤!

中国人との出会いはリアルの場だけではない!

中国女を抱くために勉強しろ!中国語の習得そのものを目的にしてはならない!!




Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 兼子忠芳 より:

    電子書籍の出版オファー

    はじめまして。電子書籍活動をしているebook出版の兼子忠芳と申します。
    突然のメッセージ失礼します。サイト内容を拝見させていただき、非常におもしろかったです。

    そこでよろしかったら、このサイト内容を基に電子出版をさせていただけませんか?
    「月5万以上印税で稼いでいる方」
    「電子書籍で集客をして売り上げが500万UPした方」
    「Amazonkindle総合1位をとってブランド力をつけた方」
    といった多くの実績を残しており、あなた様の内容もいずれかの様な実績が残せれるかと思います。

    費用などは一切いただきません。

    ご興味をお持ちでしたら一度出版について詳しくお話ししたいと思います。

    書籍サンプルをお送りいたしますので、是非ご覧になってください。

    書籍サンプル

    アドラーシリーズ
    http://amzn.to/1MCVnpn
    http://amzn.to/1np3RGV
    http://amzn.to/1GpnG9u

    ご興味があればこちらに連絡ください。
    tadayoshikaneko@gmail.com
    Tel. 080-9527-0369
    お電話される場合、日中は出られない時が多いので留守電にお名前とお電話番号を入れてください。折り返しお電話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です